若さを保つ秘訣は白髪染め

白髪染めで若さをキープ

白髪になる原因は、遺伝や加齢・ストレスや生活習慣など色々あるため、人それぞれ違うと思いますが、共通していえることは、白髪があると年齢以上に老けて見えるという点です。白髪が数本レベルの場合は、そのまま放置する人もいれば、抜いてしまう人などもいますが、さすがに本格的に白髪が増えてくると、見た目への影響も大きいので、白髪が目立ってきたら白髪染をする人が殆どだと思います。

白髪を染める1番の理由は、やはり老けて見えることです。白髪をそのままにしておくと、所帯疲れのように見えてしまうので、どんなに若作りをしても、悲しいことに白髪があるというだけで、年齢以上に老けて見えてしまう感じです。今は最低でも月1回の白髪染めは当たり前で、多い時は月2回白髪を染めています。白髪を染めると髪も傷みやすくなりますが、最近の白髪染めは、髪に優しい成分を使ったものも多いので、髪を傷めることなく白髪を染めることもできます。

白髪染めを選ぶ場合は肌質と髪質が基準

最近の白髪染めは色々な種類のものが販売されているので、使いやすさや好みの色など、自分に合ったものが選べるようになっています。しかし、手軽さや価格や色などで選んでしまうと、実際に使用した時に大きなトラブルの原因となることがあるので注意が必要です。白髪染めを選ぶ時の基本的なポイントは、肌質と髪質で選ぶようにすることです。

アレルギー体質や敏感肌の人は化学染料が配合されている白髪染めは避け、植物色素配合の天然のものを選んで下さい。予備知識なしで使用すると、肌荒れや炎症などを引き起こす恐れがあります。髪質で選ぶ時には、軟毛か硬毛かによって選び方が違ってきます。軟毛は細くて柔らかいので染料の影響を受けやすく、ほぼ希望通りの色に染まります。硬毛は太くて硬いので、染料の影響を受けにくく、パッケージの色よりもワントーン暗めに仕上がります。自分の髪が硬毛の人は、希望の色よりもワントーン明るめの色を選ぶと間違いありません。